〒136-0071 東京都江東区亀戸2丁目36-12 エスプリ亀戸4階お気軽にご相談ください!
03-6807-0237
Web予約

医療機関の方へ・紹介状

採用情報

MENU

クリニック紹介

医院の特徴Feature

  • 内視鏡専門医・指導医による、静脈麻酔で楽に受けられる内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)
  • 大腸カメラ検査からそのまま受けられる、安全で有効性の高い日帰り大腸ポリープ切除
  • 内視鏡検査日に結果説明、カラー写真を合めた所見用紙も直接お渡し
  • 胃カメラ・大腸カメラの同日検査も可能
  • 検診異常の精密検査の胃カメラ・大腸カメラにも対応(江東区胃がん・大腸がん精密検査医療機関)
  • ピロリ菌認定医による適切なピロリ菌検査・除菌治療
  • 消化器病・胃腸科専門医による適切な胃腸(消化器)疾患診療(逆流性食道炎・消化性潰瘍・便秘など)
  • 丁寧な生活習慣病診療(高血圧症・脂質異常症 [高脂血症] ・糖尿病など)
  • プライバシーに配慮された、リラックスできる待合空間

当クリニックでは、良質で苦痛のない内視鏡検査・治療を施行するとともに、正確な胃腸疾患・内科疾患の診断、および丁寧な治療を行い、常に皆さまが安心できる質の高い医療を提供していきます。
他院での内視鏡検査が苦痛だった、検査が完遂できなかった、胃腸(消化器)疾患の診断・治療に満足できなかったという方も、ぜひ一度当クリニックにご相談ください。

内視鏡専門医・指導医によるハイクオリティーな内視鏡検査Endoscopy

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

上部消化管内視鏡スコープ上部消化管内視鏡スコープ
GIF-1200N

当クリニックで施行するのは、嘔吐反射がほとんど起こらない(オエっとならない)、細くて柔らかな鼻から挿入できる経鼻内視鏡検査です。
以前は画質などに問題があった経鼻内視鏡ですが、近年は高性能化により問題なく質の高い検査を行うことが可能となっています。口から挿入することもできますので、鼻腔の狭い方やご希望のおありの方では、口からの経口内視鏡検査を行うことも可能です。
これまでの経験から早期がんを含めた多くの腫瘍性病変の精査・治療を行ってきたため、見落とされる危険性もある小さく目立たない病変の発見も得意としております。
静脈麻酔による意識下鎮静(ボーっとして楽でありながら、完全には意識がなくならないレベル)での検査も行っておりますので、内視鏡の苦手な方でも苦痛を伴わない楽な検査をお受け頂くことができます。

下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)

下部消化管内視鏡スコープ下部消化管内視鏡スコープ
PCF-H290ZI

当クリニックで行っているのは、大腸を伸ばさずに挿入していくため苦痛の少ない、無送気水浸下軸保持短縮法による下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)です。
優しく迅速に挿入した上で、丁寧に観察を行います。これまでの経験から早期がんを含めた多くの腫瘍性病変の精査・治療を行ってきたため、見落とされる危険性もある小さく目立たない病変の発見も得意としております。
また原則として挿入性に優れ、診断能にも優れた最新の拡大内視鏡による検査を行いますので、病変発見時にはそのまま病変の精査ならびに日帰りポリープ切除へと切り替えることも可能です。
静脈麻酔による意識下鎮静(ボーっとして楽でありながら、完全には意識がなくならないレベル)での検査も行っていますので、内視鏡の苦手な方でも苦痛を伴わない楽な検査をお受け頂くことができます。

意識下鎮静での内視鏡検査

安全で苦痛のない検査・治療のため、当クリニックは静脈麻酔による意識下鎮静(ボーっとして楽でありながら、完全には意識がなくならないレベル)での内視鏡検査・治療に対応しています。
検査中は指先にセンサーを装着して血中酸素飽和度と脈拍数をモニターしておりますので、安全性もしっかりと確保しながらの検査を行うことが可能となっております。
鎮静下での内視鏡検査の際には、鎮静導入から内視鏡検査、リカバリー(鎮静からの覚醒)に至るまで一貫してストレッチャー上で行いますので、患者さまにはご自身で移動して頂く必要がなく、当クリニックスタッフによるストレッチャー移送による部屋移動が可能となっております。意識がはっきりとする前に起き上がったりする必要もないため、楽で安全です。
ただし鎮静下での検査を行った後は、翌朝まではお車を運転して頂くことはできません。
お車でのご来院をご希望される方や、忙しくて在院時間を短くしたい方には、鎮静剤を使用しない方法での検査も行うことができます。逆に内視鏡検査に強い不安をお持ちの方などでは、鎮静剤の量を多少増やすなどの対応も可能です。
他院での内視鏡検査・治療が苦痛だったという方も、ぜひ一度当クリニックへご相談ください。

高性能内視鏡システム

内視鏡システム内視鏡システム
EVIS LUCERA ELITE

当クリニックの内視鏡システムは、オリンパス社の最新のフラッグシップ機EVIS LUCERA ELITEです。
オリンパス社は国内シェア約70%を誇る内視鏡の最大手で、本機は大学病院を含むほとんどの内視鏡ハイボリュームセンターにおける一般検査・精査・治療内視鏡の主力機として活躍しています。
当院にお越しの皆さまにおかれましては、それら大規模病院などで用いられている本機での検査をお受け頂くことができます。同社とは綿密に連絡を取り合っていて常に最新機種を導入できる体制となっておりますので、随時機器の更新を行っていく予定となっております。

EVIS LUCERA ELITEは従来のハイビジョン画質を上回る高精細画像に対応しているほか、狭帯域光観察(narrow band imaging, NBI)の性能も非常に高いものとなっています。
通常の白色光観察では可視域のすべての波長が含まれますが、NBIにおいては赤血球中のヘモグロビンに吸収されやすい波長415nmの青色光と、波長540nmの緑色光を用います。波長415nmの青色光は主として粘膜表層で反射され、一部血管内に入った光はヘモグロビンに吸収されるため、表層近くの血管部においてはコントラストの強い茶色として描出されます。一方で波長540nmの緑色光においては、一部は表層付近の血管内のヘモグロビンに吸収されますが、多くは粘膜深部に至って比較的深いところにある血管に当たって散乱するため、深部の血管はややコントラストの落ちた緑色として描出されます。

内視鏡システムNBIによる血管および表面構造の明瞭化

がん細胞は血管から栄養されて急速に増殖するため、がん部には細い血管が密に集まっていることが多くなっています。NBIはこの小さな異常血管を発見するのに大変有用で、がんの描出・詳細観察にあたって有効な手段といえます。またがん以外の病変においても多くの場合で周囲粘膜とのコントラストが上昇するため、それら病変の発見・観察にあたってもその力を発揮します。

胃体上部の淡い褪色調の早期胃がん病変ですが

胃体上部の淡い褪色調の早期胃がん病変ですが…

NBI観察で明瞭化します

NBI観察で明瞭化します。

当クリニックでは上部消化管内視鏡(胃カメラ)用スコープとしては、EVIS LUCERA ELITEに対応する細径内視鏡として現行の最新スコープであるGIF-1200Nをご用意しております。

下部消化管内視鏡(大腸カメラ)用スコープとしては、受動弯曲機能による高い挿入性、拡大観察機能による優れた観察能を有し、さらにジェット送水機能で内視鏡治療にも対応した万能機として評価の高いPCF-H290ZIをご用意させて頂いております。

同日施行可能な上・下部消化管内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)

当クリニックでは、胃カメラ・大腸カメラを同日にお受け頂くことが可能となっております。ご自宅もしくは当クリニックで腸管洗浄液を服用して頂き、胃カメラをお受け頂いた後、大腸カメラをお受け頂く形になります。
胃カメラ・大腸カメラを同日施行希望の方は、ご遠慮なくお申し出ください。

その日のうちに内視鏡検査結果を説明してカラー写真付きの内視鏡所見用紙も直接お渡しさせて頂きます

当クリニックでは、内視鏡検査後に鎮静から覚醒した後その日のうちに、検査結果の説明をお受け頂くことができます。
結果説明時には、カラー写真付きの所見用紙もお渡し致します。どのような状態であるかの説明のほか、今後の注意点などについても記載させて頂いております。用紙はお持ち帰り頂けますので、ご自身の健康管理などにご活用ください。
結果についてご質問などがおありの際には、結果説明時にご遠慮なくお尋ねください。
※ 生検検査(病変の一部をつまむ検査)やポリープ切除を受けられた方は、その検体の病理組織学的検査(顕微鏡での組織の検査)を行うため、後日のご来院を頂く必要がありますのでご了承ください。

胃がん検診・大腸がん検診(一次検診)異常に対しての精密検査(二次検診)にも対応(江東区胃がん・大腸がん精密検査医療機関)

当クリニックは、胃がん検診 (バリウムを用いたX線検査など)・大腸がん検診 (便潜血検査など) といった一次検診で異常が見つかった際の (陽性結果)、二次検診の精密検査としての上・下部内視鏡検査 (胃カメラ・大腸カメラ) にも対応しております。
当院は「江東区胃がん・大腸がん精密検査医療機関」に指定されています。「胃がん(バリウム)検診」・「胃がんリスク層別化検査」で要精査(精密検査が必要)となった際には当院で胃カメラでの精密検査を、「大腸がん検診」で要精査となった際には当院で大腸カメラでの精密検査をお受け頂くことができます。

大腸カメラからそのまま受けられる日帰り大腸ポリープ切除Day surgery

当クリニックでは、大腸カメラで発見したポリープなどの病変を、そのまま日帰りで切除することが可能となっております。
以前は本邦におきましては多くが入院加療を要してきた大腸ポリープの治療ですが、近年はコールドスネアポリペクトミーなどの治療法の進歩によって、多くが日帰りで治療することが可能となってきました。当クリニックでは大腸カメラでポリープを発見の後、そのままポリープ切除に移行することができ、また同時に複数の病変の切除を行うことも可能です。
また千葉大学病院へも非常勤講師として勤務しているため、最新の診断法・治療法をアップデートすることで、常に皆さまに質の高い治療を提供させて頂くことが可能となっております。
これまで忙しくて治療せずに放置してきた大腸ポリープなどをお持ちの方におかれましても、ぜひ一度当クリニックへご相談頂ければと思います。
※ 一部の早期がんなど、やや侵襲の強い治療や入院による治療が必要だと判断した際には、適切な連携医療機関に紹介させて頂くこともありますのでご了承ください。

プライバシーに配慮された快適な待合空間Waiting room for privacy

大腸カメラや便秘などでの受診は、恥ずかしさや不安などがあるとどうしても受診しにくくなるものだと思います。
当クリニックにおきましては、これに対してプライバシーに配慮したご用意をさせて頂いております。
ゆったりと身だしなみを整えて頂けるパウダーコーナーを併設した女性専用待合室を設け、男女のトイレも別々にそれぞれ複数用意させて頂いており、男性も女性もリラックスして過ごすことのできる待合空間となっております。
また下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)の前処置室としては、男女別の個室をそれぞれ用意させて頂いております。
※ 大腸カメラ前の前処置は、ご自宅・クリニック内のどちらで行うことも可能です。

H. pylori(ピロリ菌)検査・除菌治療H.py1ori investigation and eradication

ピロリ菌は胃がんをはじめとした多くの疾患の原因となることが分かっています。
ピロリ菌検査にはいくつかの方法があります。当クリニックで主に行っているのは、院内で尿や便を調べるだけで分かる侵襲性の少ない検査ですので、痛みなどを伴わずまたその日のうちに結果が分かる方法となっております。
これによって患者さまの来院回数を減らすことができ、皆さまの通院のご負担を軽減することができます。また速やかにピロリ菌の除菌治療を開始できるというのも利点です。
当クリニックでは、H. pylori (ピロリ菌) 感染症認定医による、適切なピロリ菌の検査・除菌治療を行っております。
抗生剤のアレルギーをお持ちの方や、他院での二次除菌不成功例の方などに対しては、自費診療による保険適応外の治療の提案もさせて頂いておりますので、お気軽にご相談ください。

胃腸(消化器)疾患診療Gastrointestinal disease treatment

近年、環境や生活習慣などの変化によって、様々な消化器疾患の有病率が上昇してきております。中でも逆流性食道炎・便秘・過敏性腸症候群・機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)といった疾患に悩む患者さまの増加が目立っています。
これらの疾患は、適切な生活習慣の改善と並行した投薬治療によって、症状の改善が得られます。
しかしながら、これらの疾患と思われる症状をお持ちの方の中には、悪性疾患(胃がん・大腸がん・肝臓がん・膵臓がん・肉腫・白血病・悪性リンパ腫など)による症状の方もおられます。
当クリニックにおきましては、胃カメラ・大腸カメラのほか、腹部超音波検査(エコー検査)・レントゲン検査・各種血液検査なども行っており、悪性疾患などをしっかりと鑑別した上での適切な治療を行っております。
胸焼け・もたれ感・みぞおちの痛み・便秘・下痢などの胃腸症状でお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

生活習慣病診療Lifestyle-related diseases

当クリニックでは、高血圧症・脂質異常症(高脂血症)・糖尿病などの生活習慣病の診療も行っております。
これらの疾患においては、定期的な血圧測定や血液検査のほか、合併しやすい非アルコール性脂肪性肝疾患の定期検査や糖尿病に多い膵がんなどの発見のための腹部超音波検査(エコー検査)も必要となってきます。また生活習慣病患者さまにおいては大腸がんなどの罹患率も高いことが知られており、内視鏡検査の重要性も比較的高いものとなってきます。
当クリニックはこれらの検査を一通り行うことができるクリニックとなっており、内視鏡および胃腸疾患診療に主眼を置きながらも、生活習慣病を併発している患者さまに対しては、元気で長生きして頂くために積極的に治療介入を行って参ります。
※ すでに他院で生活習慣病の治療を受けられている方で、胃腸症状やがん検診結果異常などで当クリニックを受診された患者さまに関しましては、生活習慣病については特別にご希望がない限りそのまま当該医療機関での治療を継続して、頂きますのでご了承ください。
※ 糖尿病に対しての血糖自己測定・注射療法(インスリン製剤・GLP-1アナログ製剤など)などには対応しておりません。必要に応じて適切な医療機関への紹介をさせて頂きますのでご了承ください。

院内風景Clinic landscape

  • クリニック入口

    クリニック入口

  • 受付

    受付

  • メイン待合室

    メイン待合室

  • 女性用待合室

    女性用待合室

  • 第1診察室

    第1診察室

  • 第2診察室

    第2診察室

  • 外観

    内視鏡室

  • X線室

    X線室

  • リカバリー室

    リカバリー室

  • 下剤服用室(共用)

    下剤服用室(共用)

  • 下剤服用室(女性用)

    下剤服用室(女性用)

  • 説明室(共用)

    説明室(共用)

  • 説明室(女性用)

    説明室(女性用)

  • トイレ(男性用)

    トイレ(男性用)

  • トイレ(女性用 1)

    トイレ(女性用 1)

  • トイレ(女性用 2)

    トイレ(女性用 2)

  • パウダールーム

    パウダールーム