〒136-0071 東京都江東区亀戸2丁目36-12 エスプリ亀戸4階お気軽にご相談ください!
03-6807-0237
Web予約

医療機関の方へ・紹介状

採用情報

MENU

内視鏡検査で当院が選ばれ続ける10の理由

内視鏡検査で当院が
選ばれ続ける10の理由Reason

1高い専門性を持った内視鏡医による検査・治療

当院では院長をはじめすべての医師が内視鏡専門医・指導医の両方の資格を持ち、かつ支部評議員を務めています。
日本消化器内視鏡学会所属医師のうち、内視鏡専門医・指導医はそれぞれ約43%・10%、支部評議員は約7%となっています

※2022年度会員数、2021年度・2022年度指導医試験合格者数・専門医試験合格者数・専門医資格更新者数、2022年度関東支部会員数・評議員数より推計算出。

2切除適応ポリープ発見率の高い精密な内視鏡検査

当院の切除適応ポリープ発見率はほぼ毎月60%台を維持しており、腺腫発見率(ADR)も60%弱と高率です。
ADRは一般的に平均で30-40%ほどであり、高い方が優れているとされています。この値が高いほどがんの原因となるポリープをもらさず切除することができるため、その後の大腸がん発がん率が低くなるということが研究によって明らかとなっています。

※切除適応ポリープ発見率 = 腺腫and/or SSL(sessile serrated lesion)発見率

切除適応ポリープ発見率の高い精密な内視鏡検査

3高次医療機関で培われた確かな観察眼と治療技術

院長を含めた当院のすべての内視鏡医が、長く大学病院での内視鏡医療の研鑽を積んでおります。
多種多様な紹介を受ける側として培った多くの症例の経験が、多彩な疾患を観る眼と難しい症例を治療する力につながっています。

4内視鏡診療の発展と本邦の内視鏡診療レベル向上のための貢献

院長は大学病院で長く内視鏡検査・治療の診療・研究をしており、筆頭著者として執筆した複数の論文が、本邦・欧州・米国の各種治療ガイドラインに推奨治療の根拠として引用されています。
そのほか内視鏡専門医が指導医資格を取得するためのセミナーの講師を務めたほか、本院開業後も書籍・雑誌への内視鏡治療についての執筆、講演や治療解説冊子での講師を担当するなど、本邦の内視鏡診療レベルの底上げのために注力しています。
また院長だけでなく他の医師も、海外の世界的内視鏡誌に筆頭著者として複数の論文を執筆するなど、内視鏡医療発展のために寄与しています。

※Endoscopy、Gastrointestinal Endoscopy

院長執筆の邦文献の一部(左側:表紙、右側:執筆担当箇所一部抜粋)

消化器内科・一般内科診療の先生方へ向けた大腸ポリープ治療法の解説

消化器内科・一般内科診療の先生方へ向けた大腸ポリープ治療法の解説

*南江堂より画像使用許諾取得済

内視鏡専門医の先生方へ向けた新しい内視鏡治療法の解説

内視鏡専門医の先生方へ向けた新しい内視鏡治療法の解説

*日本メディカルセンターより画像使用許諾取得済

開業の内視鏡医の先生方へ向けた現在の主流の内視鏡治療法の解説

開業の内視鏡医の先生方へ向けた現在の主流の内視鏡治療法の解説

*オリンパスマーケティングより画像使用許諾取得済

5意識下鎮静で楽に受けられる内視鏡検査

6土曜・日曜も診療日毎日実施の日帰り大腸ポリープ切除

7大学病院同水準の高性能内視鏡検査機器・衛生機器

8丁寧な内視鏡結果説明

9アクセスしやすいクリニック立地

10豊富な診療実績のある多彩な連携医療機関

これらについてはトップページの「当クリニックの特徴」「検査と診療」をご覧ください。